ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」

2020 08 11 11 2 e1597157542704 - ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」 彦田嘉之(ひこたよしゆき)ポルシェ事故

内山夫婦を死なせた彦田嘉之の4000万円のポルシェ事故。

ひこたよしゆき容疑者の彦田一家の全貌が明らかとなりました。大豪邸を持つ彦田一族はクルマ好きのヤバイ家族だったこと。また、彦田商事の社長の高級車への概念により事故は起きていました。
(下へ続きます)
》彦田嘉之の会社は彦田商事株式会社と判明!弟「兄は安全運転する人」と擁護に物議!

》彦田よしゆき勤務先は不動産会社が濃厚?ポルシェ主「葛西の地主」か!親戚一同もいい迷惑

彦田嘉之(ひこたよしゆき)!ポルシェ爆走「スピード出しすぎちゃった」※閲覧注意!ドラレコ映像

》内山美由紀さんおしどり夫婦で仲が良かった?「お盆で会えると…」残された子供の涙と後悔

彦田嘉之は3兄弟の長男!殺人鬼を生み出したのは両親だった

「彦田嘉之の実家はかなりの大金持ち」と話すのは葛西地区に住む住民。

 

母親は資産家令嬢で元ミス江戸川に選ばれた人。実家の倉庫には住民が羨ましくなるほどの高級車がズラリと並んでいたといいます。そして彦田家族に共通するのは皆「車好き」という点です。ひこたよしゆき容疑者は3人兄弟の長男。父親や母親から愛情をたっぷり受け自由気ままに育ち、その結果出来上がったのは「殺人鬼」です。
(下へ続きます)

ポルシェ事故の背景には「失った2本の指」

2020 08 03 9 e1597156080149 - ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」

「高校の時は無免許運転で自損事故を起こしたこともあった」
週刊文春のインタビューに答えたのは、高校時代に彦田よしゆき容疑者と悪遊び仲間だった男性。

2020 08 02 19 1 - ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」

事故を起こした理由は失った2本の指でした。
中学生の頃、牛乳瓶に花火の火薬を詰めて手作りの爆弾を作ろうとしていた途中、爆発したことで片手の指2本を失っていました。その結果ハンドルの扱いが下手になり事故を起こしていたようです。ですが派手なオレンジ色のシャツに、ヴィトンの靴を履く50代の男です。” 両手でハンドル握るなんて漢じゃねぇ! ”そんな幼稚なことを理由に片手でハンドルを握っていたのでしょう。それは三十数年たった今でもポリシーとして守り続けた結果、引き起こしたのがポルシェ事故。

ましてや、高校時代にも車に乗ることを許した両親にも愚問です。
一族は大地主。警察にも日頃から良くしていたのでしょう。問題はお金で解決させるのが当たり前だったとも言えます。
(下へ続きます)
》彦田嘉之の会社は彦田商事株式会社と判明!弟「兄は安全運転する人」と擁護に物議!

》彦田よしゆき勤務先は不動産会社が濃厚?ポルシェ主「葛西の地主」か!親戚一同もいい迷惑

彦田嘉之(ひこたよしゆき)!ポルシェ爆走「スピード出しすぎちゃった」※閲覧注意!ドラレコ映像

》内山美由紀さんおしどり夫婦で仲が良かった?「お盆で会えると…」残された子供の涙と後悔

彦田よしゆき父親「ベンツは丈夫な高級車だから事故しても自分は安全」

彦田よしゆき容疑者の弟も、兄の人身事故のニュースを見て「兄は安全運転するほう」と擁護していましたが、感覚の違いは弟だけではありませんでした。

2020 08 04 5 - ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」

彦田嘉之容疑者は3人兄弟の長男。
親から高級車「ベンツ」を買ってもらっていました。その際に、父親から言われていた言葉により彦田一族がどれだけヤバイ一族かが分かります。

親父に買ってもらったベンツに乗っていた時は、もし事故を起こしても、頑丈な高級車だから、自分の身は大丈夫だと言っていた(週刊文春より)

2020 08 02 9 - ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」

まるで、「事故してたとえ相手が死んでも自分は死なない」と言っているようなものです。彦田嘉之は父親の言葉を信じてこれまでポルシェやベンツなどの高級車を乗り回してきました。その結果、200キロほどのスピードを出して追突しても自分は死ななかった。事故直後は「お父さんの言う通りだ!」という気持ちだったのでしょうか…だからか「スピード出しすぎちゃった」と軽々しい言葉が出たとしか言いようがありません。
(下へ続きます)

彦田一族にハンドル握る資格なし!彦田商事社長の心無き言葉

彦田嘉之の弟によると「兄は普段、国産車に乗っている」と話していることから複数台クルマを所持していることが伺えます。父親もガソリンスタンドを経営しているということもあるため、必然的なのかもしれないです。

2020 08 02 39 - ポルシェ事故の背景には”失った2本の指”彦田商事社長「高級車は事故しても自分は安全」

ある年の9月に路上で交通事故に遭った女性による、彦田商事の社長(ひこたよしゆきの父親)から浴びせられた言葉が綴られています。

私は9月に突然路上に現れる車によって交通事故に遭いました。
そして問題は、その時に無関係である”シャルガソリンスタンド”の責任者・彦田商事の社長が事故直後、現場検証を行い救急車に運ばれようとしている私に直接浴びせた言葉でした。

「貴方は自転車の方?」と尋ねてこられ、私が「はい、何か?」と聞き返すと彦田氏は「ここは暴走自転車が多いから自転車は轢かれてしまえばいい!」と言い放ったのです。しかも警察官の前で…。そのままガソリンスタンドに戻っていった彦田氏を目に私は絶句したままと右脚した救急車に乗り込みましたが、後日、この経緯をシェル石油本社に苦情申し立てしましたところ、彦田氏から以下のような言い訳が返ってきました。「いつもストレスを受けていたがために、心にもないことを言って申し訳ありません。」当然、わたしは彦田氏のとった人道に反した言動をそのような言い訳で納得できるわけがなく、シェル石油本社に彦田商事の活動を停止し、危険人物であるがゆえに喜一密着型のガソリンスタンド経営を撤退させるように要求しました。(以下省略)

警察の前でも堂々と人の命を粗末にするような発言をしている彦田氏。警察も何も言わず、目を瞑っていたとなると、裏では金のやり取りがあったのは確実なところでしょう。(続きます)

コメント