広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

2020 10 07 14 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた ニュース・事件

兵庫県神戸市の「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」で殺害された女性・広野真由美さん(47)は、犯人の元従業員・筧真一(かけいしんいち)容疑者が10月5日に起こした別の従業員とのトラブルの仲裁に入っていたことが判明。

広野まゆみさんは愛犬家で家族とも仲睦まじい姿が度々目撃されていました。広野真由美さんのFacebook・顔画像について調査していきます。
(下へ続きます)
》ヤマト運輸殺人犯人「筧真一」のFacebook

》筧真一「パワハラ問題児のトラブルメーカー」バイト生にも暴力沙汰!動画

》家族構成が明らかに「母親想いの優しい男性」ヤマト運輸”解雇方法が酷すぎる”

》筧真一「発達障害と馬鹿にされ職場いじめ」笑顔のピースサインは”意地とプライド”

広野真由美さんのFacebook・顔画像

2020 10 07 6 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

10月5日にヤマト運輸を突如解雇され、逆上した元従業員・筧真一(かけいしんいち)容疑者に刃物で刺され、亡くなったパート従業員・広野真由美さん(47) 実名は報じられているものの顔写真は未だ報じられておりません。広野真由美さんのFacebookについて確認してみました。

2020 10 07 14 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

広野真由美さんは40代後半であることからFacebookを利用していることと思い、検索してみると「広野真由美」でヒットしたのは1件。詳細を確認すると出身地は兵庫県ではなく他県であり、1回も投稿されていない様子。出身地は別の県で、結婚を機に引っ越してきたことも考えられますが確信的な情報がないため、本人と断定するには難しいですし、写真・投稿もないことから得られる情報はありませんでした。

2020 10 07 13 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

「広野まゆみ」でも同様に検索するとヒットしたのは4件。しかし「真由美」⇒「眞由美」だったりと名前の漢字が異なっていることから別人。

2020 10 07 11 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

Twitter(ツイッター)インスタも同じ様に検索してみましたが、この2つはどちらも同姓同名のアカウントは何もヒットせず。SNSは利用していない可能性が高いです。後から顔画像が報じられることもあるので、分かり次第追記していきます。
(下へ続きます)

広野真由美さん「筧真一を守ろうとしていた」警察に話した事実とは

広野真由美さんが筧真一が10月5日に起こしたトラブルについて警察へ相談していたことが発覚していますが、これはヤマト運輸会社からの指示であることが判明。時系列で簡潔にまとめると以下の流れになります。

2020 10 07 7 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

10月5日の早朝、筧真一容疑者が別の従業員(広野真由美さんと同様に襲われた60代男性)に「荷物の扱い方が雑」と注意されトラブルになる

広野真由美さんがケンカの仲裁に入ったが、筧真一容疑者の振り払った手が広野まゆみさんの体へ当たる(恐らく「顔」などではなく体という表現なので胸に当たったのではないかと推測)

会社側(ヤマト運輸)が「警察へ被害届出せ」と広野真由美さんに指示し、同日のお昼警察署へ相談しに行く

しかし、広野真由美さんは「自分に向けた暴力ではなかった」と話しており被害届は出したくないと相談していことが判明

その後被害届は出されたかは不明だが、ヤマト運輸はかけい真一容疑者容疑者を10月5日付で解雇

10月6日の午前4時ごろ、刃物を数本持った筧容疑者が勤務先であった「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」へと現れ、広野真由美さんとトラブルになった60代男性を襲う

広野真由美さんは死亡、60代男性は軽傷
集配所にはもう一人別の従業員もいたが、被害はなかったことから筧真一容疑者はターゲットを「2人」に絞っていた可能性も

筧真一容疑者は車でその場から逃走を図るものの、駆けつけた警察車両と衝突。現行犯逮捕

前日のトラブルに関わった2人を襲っていることから、筧真一容疑者は広野真由美さんが警察署へ被害届を出したことで自分は解雇されたと勘違いしていたのでしょう。しかし実際には広野真由美さんは筧真一容疑者を守ろうと被害届の提出を拒んでいました。本来「味方」であった広野さんを殺めてしまったことに筧真一容疑者は今ごろ気付いたのではないでしょうか。

広野真由美さん「愛犬家で家族と仲が良い」家族悲しみのドン底へ

広野真由美さんをよく知る近隣住民の方が素性について話してくれました。

「報道を聞いてただただ驚いた…いつも笑顔で挨拶してくれる良い方でしたよ。愛犬家としてもここらでは有名な方でね、よく犬に散歩をしている姿を見かけていましたし、家族とも仲が良かった。とても素敵な方で、分け隔てなく話してくれるから誰も彼女の悪口を言う人なんていないし、本当に素敵な方でしたよ。いい人だっただけに本当に心の底から悲しいし、やりきれない気持ちです。」

詳しい家族構成は聞けなかったものの、47歳であればお子さんがいてもおかしくない年齢です。
小学生~中学・高校生になるぐらいでしょうか。ましてや早朝の仕事に出ていた(午前4時ごろ)のであれば金銭面で苦労していたことも伺えます。学費を稼ぐために一生懸命働いてたのでしょう。

2020 10 07 8 - 広野真由美さんFacebook「家族悲惨」ヤマト運輸に”警察に被害届出せ”と脅されてた

ヤマト運輸の上司から「被害届を出せ」と脅されていなければ今頃、命を奪われることはなかったはず。ヤマト運輸の元センター長の話では「派遣を今日限りで解雇することは日常茶飯事」と暴露しており、雇用体制がずさんすぎる部分がとうとう裏目にでてしまい、1人の命を奪う形に…
関連記事▶▶ヤマト運輸”解雇方法がエゲツなさすぎる”
家族との突然のお別れ。昨日まで楽しく話していたのであれば嘘のような話です。残された家族の気持ちを考えると、なぜ殺されなければならなかったのか…と激しい憤りと悲しみがぶつかり合い、やり場のない気持ちでいっぱいなことでしょう。筧真一容疑者はいま、トラブルの仲裁に入ってくれた広野真由美さんの優しさを知りどんな気持ちでいるのでしょうか。
(つづきます)
》ヤマト運輸殺人犯人「筧真一」のFacebook

》筧真一「パワハラ問題児のトラブルメーカー」バイト生にも暴力沙汰!動画

》家族構成が明らかに「母親想いの優しい男性」ヤマト運輸”解雇方法が酷すぎる”

》筧真一「発達障害と馬鹿にされ職場いじめ」笑顔のピースサインは”意地とプライド”

コメント

  1. アルマジロ より:

    被害者やヤマト運輸に責任を擦り付けるのは良く無い。
    お客様の荷物を乱暴に扱ったり破損させたりするのは、自分の仕事を理解してないからでしょ。
    この仕事に適正が無かった加害者が自主的に辞職していれば良かった。