大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”

Ek3SIDBUcAEyt P 1 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル” 大澤佳那子の不倫劇

群馬県高崎市の殺人事件で、不倫男性に車内で刺され殺害された大沢佳那子(おおさわかなこ)さん30歳。Facebook以外にもインスタ(Instagram)を特定。そこには愛人を匂わせる投稿ばかり。フォロワーからのいいねは5以下でした。※10月27日追記
(下へ続きます)
》Facebook「8年間も同じキメポーズの顔写真ばかり」時代遅れの30代

》殺害犯人の実名・顔画像!「自殺した男は妻子持ち!不倫関係説浮上」

》擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻

大澤佳那子のインスタ特定

Facebookは特定できていましたが、インスタ(Instagram)ツイッター(Twitter)は特定できていませんでした。しかし調査を進めると大澤佳那子さんのインスタを発見。そこにはFacebook以上に「不倫相手」を匂わせる投稿が複数されていました。
2020 10 21 50 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”Facebookでは、顎のラインを隠すためか「あごピース」や「髪の毛の触角」でお肉を隠すポーズばかり。しかしインスタのアカウントはグッと顎を引き、上目遣いする姿が映っています。30歳と報じられていましたがかなり若く見えるので、20代の写真を使っているのでしょうか?こちらのインスタ、本人で間違いないと断言できるのは、Facebookに投稿されている内容とほぼ一致。
2020 10 20 1 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”こちらはFacebookの投稿写真です。わざわざインスタと同じ文章・同じ写真を投稿するあざとさは”さすが!”と褒めるべきなのでしょうか…不倫関係を本来隠すべきところを、まるで「みてみてー!」と言わんばかりの承認欲求の塊。あざとい女の特徴が全面に出ていてますね。

大澤佳那子のインスタに「不倫相手の影」友人ら不倫匂わせに興味なし!

2020 10 21 49 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”少し画像が小さく見にくいですが、車内の様子が投稿されていました。クマのイラストが描かれた「ハニーラテ」の隣には毛が生えている男性の腕。
2020 10 21 43 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”2017年の大沢佳那子さんの誕生日にはどこかの料亭に泊まったのか、豪華な食事がズラリ。しかし奥をよく見てみましょう…男性の腕が見えます。またもや匂わせ投稿です。

2020 10 21 33 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”美味しそうな和風料理の投稿。釜に目がいきそうになるところ、左上をご覧ください。ちょっと分かりにくいですが男性の姿です。あえて目の前に座らず斜め前に座っているところもなんともいえません。不倫相手の男性が映らないように気を利かせたつもりでしょうが、それじゃダメなんです。「男」がいると思わせられる写真が撮りたかった大澤佳那子さん。ケータイの角度を少し上げ、端っこに男性の姿を映します…
2020 10 21 48 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”「え?まだあるの?」と思いましたか?まだあります。さて、こちらもまたまた男性の姿。ガッツリラーメンの奥にはお冷に手をかける男性の腕。右側の写真には、ニンテンドーのゲームでしょうか?マリオカートらしきゲームを楽しむ男性の姿。不倫関係を知っている友人からすれば「なぜ危険を冒してまで投稿をするのか…?」と不思議でならないはず。しかし興味がないのか「いいね」は皆無。大澤さんの過去の投稿を遡って見ても、いいねが0件の投稿が目立ちます。

大沢佳那子「不倫相手から食べすぎと注意される」

大澤佳那子さんが殺害され、犯人の男が千葉市内のホテルで自殺を図った後、インタビューに応じた犯人男性の妻が「不倫を隠れて続けていた」と驚きの事実。別の記事で詳細は書いていますが、奥さんは既に「女性との関係は知っていた」と取材で暴露。「私たち家族も、女性関係で大変な時期を過ごしていた」と胸の内を明かしていました…2020 10 21 34 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”食べすぎてしまうため、単品盛り合わせを頼んでくれました!もちろんお酒付きです!美味しかったです!(^^)ごちそうさまでした~!
下のハッシュタグには「たまにはお肉も食べないとね」「嬉しそうだったなぁ」「こっちもうれしくなった」「醜い自分とはばいばい」の文章。恐らくこちらも不倫男性との食事の様子を映したもの。明日からのダイエットを決断したのでしょうが、不倫関係を断ち切ることが出来ない人間に”ダイエット”は更に高い壁です。結局痩せることは出来たのでしょうか?

大沢佳那子「不倫相手に貢がすプロ」

特定した大澤佳那子さんのインスタは” 不倫で泥沼化したわたしを見て ”と言わんばかりの投稿ばかり。男性の顔は絶対に映さないが全く映さないのもダメ。匂わせのプロは、貢がせるのもプロでした。2020 10 21 46 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”恋人たちの聖なる夜…12月と言えばクリスマス、彼女らはクリスマスの12月25日に直接会っていました。
25日、メリクリ何か選んでいいよ~と言われたので、欲しいものを指差ししたらプレゼントしてくれました~(*´▽`*)私からは金箔入りのお酒をプレゼント!!!ざっくりしていたみたいで逆に笑われたけどww贅沢すぎて申し訳ないわー!!
インスタにはプレゼントしてもらったピンク色の袋。指差ししただけでプレゼントしてもらえる…夢のようですね。2020 10 21 47 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”

そして12月24日に投稿されていた内容は、クリスマスのことには何も触れず、髪の長さについて書かれた投稿。写真には大澤佳那子さんの姿があり、後ろには夜景が見えることからどこか高い建物にいることが分かります。ですが大沢佳那子さんは新潟の実家暮らしであり、テレビの報道でうつされた自宅は立派な一軒家でしたのでこちらはホテルだったのでは?ですが、当然のごとく「ホテル」の単語は出さないのが、匂わせ投稿の基本です。

次の日には不倫相手と会っているので、12月24日にホテルで聖なる夜を過ごしていた可能性が高いです。不倫相手の男性には妻子がいます。36歳の父親なのでまだクリスマスプレゼントはもらう年齢でしょう。それすらも妻に任せっきりになっていたのでしょうか…

おおさわかなこ「傷つくこともあった1年」

2020 10 21 45 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”2016年の1年間を振り返ったInstagramの投稿には、複数の写真がありました。
2016年思い出(*´∀`*)傷つくことも良いこともあった1年でしたが、珈琲問屋のイケメン松井さんがお店を出る際、よいお年を〜(*^^*)と言ってくださり、親子して癒されました!!皆さんよいお年を〜

またまた大量のハッシュタグ…「イケメン」に目がないのか、こちら以外の投稿でもイケメンを見るとすぐタグをつけて投稿していた大澤佳那子さん。しかし中でも気になったのが「ショックすぎる」「お互い」とあります。別れるにはまだ3年の猶予がありますので、恐らく不倫相手と奥さんの間に子供を授かったことを聞いたのではないでしょうか。

ここで折れていれば良かったのものの、愛のパワーとやらは凄まじい強さで乗り越えてしまった。

大澤かなこ「最近ある方とバッサリ縁を切りました!」

大沢かなこさんの匂わせインスタはある日、不倫相手と思われる男性との関係に終止符を打った内容を投稿していました。2020 10 21 31 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”

バッサリと関係を切ったと話す内容の投稿。
ご報告ですが、最近ある方とバッサリ縁を私から切りました!モヤモヤしていたことがこれでスッキリしました!理解していただきました。ご本人にも前からお伝えしていますが、これから先、先方さんには幸せに過ごしていただきたいのが私の希望です。
(2019年10月6日)

ここでもハッシュタグが複数書かれています「最近の出来事」「人生相談」「でもバッサリ切りました」「冷たい人と言われそう」「ほんとは優しい」「よく言われる」…以下省略。いったい誰に向けての投稿だったのか?恐らく、不倫関係について悩んで友人に日頃から相談していたのでしょう。友人としても『絶対やめておいた方が良い!』と止められていたのでは。それでも相談しておきながらも結局はアドバイスを聞くことなく、不倫関係を続ける。
2020 10 20 8 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”大澤佳那子さんの心のモヤモヤは消え、スッキリしたかもしれませんが、不倫相手は腑に落ちません。これまで尽くしてきた時間は何だったのか?男もここで縁を切ればよかったもののそう簡単にいくものではなかった。

大澤佳那子には別の男がいた?元旦の匂わせ

今年の元旦に驚くべき投稿。日付は2020年1月1日でした。
2020 10 22 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”元旦早々、オシャレなBarでのひと時をつづったインスタグラムの投稿には、黒い服装の人影が。既に不倫男性には別れを告げていますので別の方と予想します。飲み物的に「女性?」とも思われましたが、女性との写真はツーショットで写ったりしているので男性が濃厚でしょう。
2020 10 21 40 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”

2020 10 21 41 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”これまでに幾度となく不倫相手との旅行・プレゼント・食事に関する「匂わせ投稿」を繰り返してきた大沢佳那子さん。別れを切り出したときにはすでに別の男性がいた可能性も…「イケメン」には目がなかった大沢加奈子さん。ハッシュタグにはイケメンが何度か使われていました。

【追記】大沢かなこ「少林寺拳法習うも技出せず」

大澤佳那子さんは新潟の実家で両親と暮らす一人っ子。テレビで自宅の玄関が映されていましたが、かなりご立派な一軒家でした。週刊女性PRIMEの取材では近所住民からこのような証言が取られていました。

「大沢さんのお宅は3人暮らしで佳那子さんはひとり娘。お父さんは仕事のかたわら少林寺拳法の師範もしていて、奥さんと佳那子さんも一緒に習っていた格闘家一家なんですよ」(近所の住民)
(週刊女性PRIMEより)

幼い頃から父親に少林寺拳法を教わっていた大澤佳那子さん。いつまで続けていたかは不明ですが、いざというときの為に父親が教え込んでいたのでしょう。少林寺拳法には護身術の意味で相手を喪失させる技もあります。しかし不倫相手だからと油断していたのか、せっかく習っていた少林寺拳法の技を出すことなく亡くなってしまった大澤佳那子さん。護身技よりも、女としての技を見出すために時間をかけてしまい、父親から叩きこまれた少林寺拳法を忘れ去ってしまっていたのでしょうか…

残された妻子悲惨「加害者家族に貼られたレッテル」

”恋は盲目”
そんな言葉があるように、たとえ誰かの旦那であっても奪えるものは奪え!が大沢佳那子さんの教訓だったのでは?友人の忠告を聞かずにここまで長々と関係を持ってしまっては、とっくに不倫相手男性の心は大澤佳那子さんのものになっていたことは容易に想像できます。
2020 10 20 9 - 大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”
主観的な30年の人生はひとつの家庭を壊し、自分だけ幸せになろうとした罰が大ブーメランになって自分の元へと返ってきた大沢佳那子さん。しかし一番の被害を被っているのは、犯人の妻と子供です。大沢佳那子さんが可哀想などと擁護の言葉は必要ない。

大抵このような不倫相手殺害事件では、残された家族が世間から冷たい目で見られがち。子供には「不倫をして人を殺し、自殺した父親のこども」のレッテルが貼られ、奥さんは「年下の若い女に旦那を取られ、人を殺め自殺を図ったかわいそうな妻」など、近所の奥様方の””井戸端会議””の恰好の餌食。家族の絆をぶち壊され、挙句の果てには大黒柱の夫を失う…あまりにも悲惨すぎます。記事は下へ続きます…
》大澤佳那子さんFacebook「8年間も同じキメポーズの顔写真ばかり」時代遅れの30代

》大沢佳那子さん殺害犯人の実名・顔画像!「自殺した男は妻子持ち!不倫関係説浮上」

》大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻

コメント