大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻

EkxVbeuU0AATXEC - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻 大澤佳那子の不倫劇

大澤佳那子さんを刺し殺した犯人の男が千葉市内のホテルで自殺を図り死亡しましたが、容疑者の妻は大沢佳那子さんとの夫が不倫関係にあることを知っていることが新たに判明。加害者と妻と夫の関係を終わらせようとした大沢かなこさんの素性とは?
(下へ続きます)

大澤佳那子さん「犯人男性との不倫、妻にバレていた!」

2020 10 20 8 - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻群馬県高崎市の路上で30歳の会社員・大澤佳那子さんが刺され死亡した事件。犯人の男は「交際関係者」と報じられていましたが、実際には妻と2人の子供を持つ既婚者であり、大澤佳那子さんとは不倫関係であったことが分かっています。殺害後に、犯人の男(36)は群馬県高崎市から千葉県松戸市の自宅へいったん帰宅していたことが判明。
EkwHkgfUUAAqGlU - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻またすぐに自宅をでて、千葉市内のホテルで自殺を図かり死亡。19日の午前に家族が行方不明届を警察へ出していました。まず妻子持ちにもかかわらず不倫関係であったことに驚きますが、新たな証言では犯人の妻は、大澤佳那子さんと夫が不倫関係であったことを知っていたと供述。あまりにもドロドロした殺人事件であったことが明らかとなってきました…

大沢かなこさんを刺殺した犯人妻「心中明かす」

「とても驚いております。被害者の方には大変、夫が申し訳ないことをしたと思って、謝罪させていただきます。申し訳ありませんでした。(いったん自宅へ帰ってきたとき)ちょっと…普通じゃない、いつもと違う感じで、何かしらのことをしてきたのかな?という様子でした。(帰ってきたとき)子供たちに”ごめんなさい”ということだけ言って、去っていきました。女性との関係は私も知っていたので、なんか女性とトラブルがあったのかな?と。向こうとここまでのトラブルになっているなんて思いもせずに。(自殺について)自分のしたことを重く受け取ったんじゃないでしょうか」
(日テレNEWS24より)
大澤佳那子さんとのことは「女性との関係は私も知っていたので」と話しており、トラブルがあったのかなという口調にはどこか他人行儀を匂わせているかのよう。旦那との関係は数年前にすでに終わってしまっていたのかもしれない。夫は、心は大沢佳那子さんに向いているとしても2人の子供と離れるわけにはいかないと留まったのでしょうか。お互い「仮面夫婦」の様な生活を送っていたことが想像できます。
》大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”

》Facebook「8年間も同じキメポーズの顔写真ばかり」時代遅れの30代

》殺害犯人の実名顔画像!「自殺した男は妻子持ち!不倫関係明らかに」

大沢佳那子さんは加害者の一人?一番の被害者は犯人の妻

EkxRfepVoAUXiG7 - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻亡くなっているにもかかわらず「被害者の方には大変、夫が申し訳ないことをしたと思って、謝罪させていただきます。申し訳ありませんでした」とどこか冷たい言葉にも聞こえる謝罪。人が無残な殺され方をしているのに?と思うかもしれないですが、いうまでもなく大沢佳那子さんは1つの家庭を壊してしまった「加害者」に違いありません。テレビ取材班のインタビューでは、過去の壮絶さを語っていました。
EkxRfeuVMAA7xE0 - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻EkxRfetVkAYAwDF - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻”散々もめて、私たちの家庭も女性の関係でとても大変な時期を過ごしていましたので”
”いまさらもめるという段階でもなく”
と半ば諦めかけていた様子の奥さん。ここにきて、ご家族の関係をごちゃまぜにした事実が明らかとなった大沢佳那子さんの素性は「人の幸せをいとも簡単に奪える女性」でした。Facebookでも同じような角度で、同じ様なポージング。男を虜にするのであればどんな手も使う人物だったのでしょう。これまでに可哀想と言われていた擁護の声はいつしか逆の言葉になって、死んだ彼女に襲い掛かるはずですが、死人に口なし。自殺を図った夫の代わりに罪を償う奥さんがあまりにも悲惨すぎます。

大澤佳那子には高級レストラン・犯人の奥さんはボロボロセーター

テレビの取材に答える犯人の男の妻(36)は、茶色のセーターを着ていましたがかなりの年季が入ったもの。毛玉が分かるほどの使い込んでいることが一目でわかりますが買い替えるほどの余裕がなかったのでしょうか…
2020 10 21 1 - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻不倫までされた挙句、人殺しをして家族を残して自分だけは自殺。迷惑しか被っていない加害者妻の服装からして、旦那に大事にされていなかったのか。大澤佳那子さんはネイルに食事、旅行などにも頻繁に行き不倫相手の男と誕生日ディナーを楽しむほど人生を謳歌していた。
2020 10 21 3 - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻女磨きに専念できるように男が大沢佳那子さんへ、お金を貢いでいたのでは?殺害現場からはピンク色のカバンが押収されていました。特徴の細いヒモが確認できたのでおそらく大澤佳那子さんのFacebookに投稿されていたこちらのカバンかと思われます。投稿時期も2019年の9月ですので、丁度交際期間中です。
2020 10 21 8 1 - 大澤佳那子さんに擁護必要なし?「女性との不倫は知ってた」一番の被害者は犯人の妻かなり大事にされていた大澤佳那子さん。犯人男性の奥さんへの愛情を独り占めし、貢がせたあげく別れ、殺される。最近では似たような事件が埼玉県でもありましたね。「同じ職場」「年下の不倫女性相手」「男は既婚者」「復縁」「殺害」…女性を殺害した後、こちらの男も心中を図ろうとしたと供述していました。
こちらの記事》(週刊文春) 水元義人の高校デビューと「間違えた愛情表現」憔悴しきった両親の”想い”とは
こじれた愛の悲劇は暴力で済むほどかわいいもんじゃないですね。大沢佳那子さんは新潟の実家に住んでいるようでしたが、両親は人の幸せを奪って死んでいった娘に何と声を掛けるのか…
(つづきます)
》大澤佳那子インスタ「バッサリ縁を切りました!」残された妻子に”貼られたレッテル”

》Facebook「8年間も同じキメポーズの顔写真ばかり」時代遅れの30代

》殺害犯人の実名顔画像!「自殺した男は妻子持ち!不倫関係明らかに」

コメント