大越悠莉奈インスタの美人顔画像!「キラキラ(DQN)ネームの末路と再生産」

2021 07 23 4 - 大越悠莉奈インスタの美人顔画像!「キラキラ(DQN)ネームの末路と再生産」 ニュース・事件

千葉県八千代市の大和田新田のマンションに住んでいる、飲食店員・大越悠莉奈(おおこしゆりな)容疑者が1歳児の大越三櫻音(みおん)ちゃんを社内に置き去りにし死亡させた事件。

大越友理奈容疑者のインスタ顔画像特定のほかにも、近隣住民から児童相談所に「ネグレクトの疑いがある」と通報が相次いでいたことが判明しています。
(下へ続きます)
》のぶみ(絵本作家)パクリ虚言癖が絶えない「クラファン狙いの炎上作家」

》小山田圭吾「イジメはエンターテインメント」

大越悠莉奈がかわいい!インスタ顔画像

2021 07 23 5 - 大越悠莉奈インスタの美人顔画像!「キラキラ(DQN)ネームの末路と再生産」

大越ゆりな容疑者の顔はすでにテレビでも報じられていますが、長い髪の毛を前に垂らし、顔がハッキリと映らないようにカモフラージュ……マスクもしているので口元も確認できませんが、大越悠莉奈容疑者は緩ふわパーマをかけているイマドキの20代です。

https://twitter.com/yorozya_1/status/1418339752151900160

大越悠莉奈容疑者のInstagramを調査。25歳ですと使っているSNSはツイッターかインスタだということが推測されます。

2021 07 23 11 - 大越悠莉奈インスタの美人顔画像!「キラキラ(DQN)ネームの末路と再生産」
「大越悠莉奈」でインスタグラムのアカウントを調査。検索すると、大越悠莉奈容疑者の漢字氏名ではなく「ひらがな」のアカウントが1件ヒット。しかし顔画像も設定されていなければ、投稿のひとつもされていません。亡くなった大越三桜音(みおん)ちゃんのもとに救急車がつくまでの数分間でアカウントを削除することは1~2分あればできます。

大越悠莉奈容疑者は『飲食店で仕事を終えた後、知人宅に預けていた2人の子供を迎えに行った』
と供述していますが、朝までやっている飲食店と言ったらだいたい想像つくのが「水商売」です。

髪の色や長さ、スタイルからして大越悠莉奈容疑者の顔は、過去にネグレクト・虐待死で逮捕された池田莉奈(いけだりな)容疑者のようなかわいらしい顔をした人物とも想像できます。
2021 07 23 10 1 - 大越悠莉奈インスタの美人顔画像!「キラキラ(DQN)ネームの末路と再生産」

大越ゆりなの自宅住所「シンママで家賃9万円台の賃貸」

大越悠莉奈容疑者と2人の子供が暮らしていた自宅住所はすでに特定済み。住んでいたマンションは『メゾンドエメロード』というマンションであることが判明しています。

住所は「千葉県八千代市大和田新田451-5」
大越悠莉奈容疑者たち親子が住んでいるマンションは築24年の物件ですが、設備は整っているほか、ほとんどが3LDKの広々とした部屋ばかりです。(ホームズ・SUUMOによる情報参照)

大越悠莉奈容疑者は旦那とは離婚したのか、シングルマザーとして2人の子供を育てていました。女て一つなので生活は苦しいかと思いきや、住んでいるマンションの1ヶ月家賃がなんと『9万円台』

トイレとお風呂が別々なのはもちろん、洋室が2部屋に和室までもある広すぎる自宅。ふつうの飲食店で働いているなら、無理な話ですが大越悠莉奈容疑者がキャバ嬢として働いているなら住めなくもない話です。

「キラキラネーム付ける親はDQN」児相にも相談相次いでいた

実は、大越悠莉奈容疑者には児童相談所も目をつけていたんです。

署によると、5月上旬には近隣住民から「子どもが徘徊(はいかい)している」と110番通報があり、署員が自宅近くで長女を保護。育児放棄(ネグレクト)の疑いがあるとして児童相談所に通告したという。
(朝日新聞)

度々、大越悠莉奈容疑者のこどもが自宅を出て周囲を徘徊。歩けるところをみると、徘徊していたのは3歳の長女でしょう。しかし3歳と言ってもおしゃべりがちょっと上手になったぐらいの年齢。

大越悠莉奈容疑者の育児放棄には近隣の住民もうすうす気づいていたといいます。

ちっちゃい女の子だけがうろついているところを3回ほど目撃したことがあります。母親が近くにいるのかと思ったから声は掛けなかったけど、今思えばあれは徘徊だったって気づきました。子供は見たことあるけど母親の大越悠莉奈容疑者は一度も見たことがなかった。
(近隣住民の証言)

 

長女を生んだのも逆算すると22歳。母親の大越悠莉奈(ゆりな)容疑者のなまえも、一発で変換は出来ないキラキラネーム。

だいたいネグレクトや子供虐待をする親は、自分たちも同じような環境下で育っていた確率が高い。そして今回熱中症で亡くなってしまった悠莉奈容疑者の子供の三桜音(みおん)ちゃんも当て字のキラキラネームです。

キラキラネームはDQN族が付けたがる傾向にあります。そして育児ができずに虐待をしてしまう末路と、その子供が親になった時に子供へ虐待をしてしまう再生産のサイクルを生み出してしまうのです。

そう考えると大越悠莉奈容疑者も幼少期、同じ境遇化にいた”被害者”だったことも考えられます…
(つづきます)
》のぶみ(絵本作家)パクリ虚言癖が絶えない「クラファン狙いの炎上作家」

》小山田圭吾「イジメはエンターテインメント」

コメント

  1. zero より:

    メゾン ド エメロードは以前住んでましたよ。もう15年以上前になりますが。
    家賃は当時3LDKで10万、この地域の相場にしては高め。
    リビングの広さに惹かれて住んだのですが、住み心地はもう最悪。
    まず部屋の位置が悪かったのか(1階の中央)全く陽が当たらず昼間でもずっと電気をつけてる状態。
    また壁質に通気性機能が全く無いのか住み始めてすぐ白い内壁があちこちカビでまっ黒に。
    冬場などはちょっと暖房を入れると窓サッシが結露でビショビショに。
    しだいに壁の下部がどんどん腐食していきました。
    体調が悪くなり、耐えるに耐えかねて近所に一戸建てを購入して引っ越したのですが、引っ越しの際に補修費として40万請求されました。